Reaction Biology Corporation

 
Reaction Biology社は、主にキナーゼやエピジェネティック分野のプロファイリング・スクリーニング・アッセイ開発等の受託サービスを提供しています。製薬企業を中心に、世界で750を超える施設にご利用いただいています。

《サービス一覧》
  SARS-CoV-2-related Assays for Testing of New COVID-19 Therapeutics  NEW 

Biophysical Assays
Biochemical Assays Cell Assays in vivo Testing Services
 ~ セルベースアッセイとゼノグラフトアッセイ間のgapを埋めるツールとして ~ 
《サービス概要》
◆ Biacore™ 8K SPR Platform 
  最新型のBiacore™ 8Kを用いた、SPR (Surface Plasmon Resonance: 表面プラズモン共鳴)分子間相互作用解析の提供を開始しました。抗体、ペプチド、DNA等だけでなく、低分子化合物(small molecules)の解析も対応します。

  • High throughput fragment library screening
  • Kinetics and affinity determination
  • Binding site mapping and competition analysis
  • Specificity determination
  • Antibody characterization
  • 実験例   
    - AB42 - BRD4-2 - HEMK2 - NSD2-SET  
    - beta-catenin - cGAS (157-522) - HIF1a, 2a - NSD2  
    - BRD2-4 - FLT3 ITD - JAK3 - PRMT5  
    - BRD4-1 - G9A - NR2F6 - SOX11  

    Screening

    Specificity

    Affinity

    Kinetics

    Competition screening/ binding site mapping


     SARS-CoV-2 S protein and ACE2 Binding Assay
      (pdf)  NEW 
    S Protein – ACE2 Interaction
    SARS-CoV-2 is lined with large spike (S) proteins that engage the host cell protein ACE2 (Angiotensin-converting enzyme 2), which serves as a receptor for virus entry. After binding to ACE2, the virus enters the host cell via membrane fusion either with the cell membrane or after endocytosis.
    Example MLN-4760
    Surface plasmon resonance for the detection of binding of MLN-4760 to ACE2:
    In order to directly probe the binding kinetics of small molecules to ACE2, relatively high levels of the target on the sensor chip are needed (due to the large difference in mass between these molecules and the protein target). To achieve these higher levels, ACE2 was covalently attached to the sensor chip via amine coupling. To validate that the target is binding competent once immobilized to the sensor chip, the binding of ACE2 inhibitor MLN-4760 was measured using a kinetic titration (single-cycle kinetics). The KD value of ~1 nM is consistent with the IC50 value of 440 pM.
     
    ◆ Isothermal Titration Calorimetry (ITC) assays
      ITC assayでは、サンプルの固定化やラベルは不要で、溶液中の分子間結合を下記パラメーターで評価することが可能です。
     

  • Equilibrium binding affinity (Ka)
  • Binding stoichiometr
  • Enthalpy of binding ΔH
  • Entropy (ΔS)
  • free energy of binding (ΔG)
  • dissociation constant (Kd) by extension
  • ◆ Microscale Thermophoresis (MST) assays 
      MST assayでは、サンプルの固定化は不要で、少量のサンプルで、溶液中での分子間相互作用を迅速に測定することが可能です。タンパク質、DNA、RNA、ペプチド、低分子化合物、フラグメント、イオン等のKD値を、pM~mMレンジで測定します。
    以下は、BRD4のBD1及びBD2ドメインに対するRVX-208のbinding affinityを、MST assayとSPR assayにより評価した際のデータです。いずれも、データに相関性が見られます。
    MST: RVX-208 binding to BRD4-1 vs BRD4-2
     
    SPR: RVX-208 binding to BRD4-1 vs BRD4-2
     
     
    SPR measurement 
    MST measurement 
    Compound: BRD4 domain 
    ka (1/Ms) 
    kd (1/s) 
    KD (M) 
    KD (M) 
    RVX208: BD1 
    N/A 
    N/A 
    2.27E-06 
    2.2E-06 
    RVX208: BD2 
    9.16E+05 
    1.99E-01 
    2.10E-07 
    8.3E-08 
    ◆ Thermal shift assays (TSA)
     

    BromoMELTSM Panel Assay 
    TSA(Thermal sift assay)により、53 member of bromodomain family (76 bromodomains in total)に対する化合物の結合の評価が可能です。ブロモドメインタンパク質に対する化合物評価や選択性試験に有用です。
    詳細は、
    サンプルデータターゲットリストをご覧ください。
    BromoMELTSM Panel Assayを、in houseでご使用いただくBromoMELTSM kitとしてご購入いただくことも可能です。詳細は、"Purchase Support"ページをご覧ください。
     

      また、BromoMELTSM Panelアッセイの他、Bromodomainを含むReader Domain Proteinsからご興味のあるターゲットを選んで、TSAやIsothermal Titration Calorimetry Assay、AlphaScreen® Assay(ターゲットリスト, 201809更新)をすることも可能です。 
    Bromodomain Assay Platform for Drug Screening and Discovery (pdf)
    Towards comprehensive coverage of Bromodomain family for drug screening and discovery

    上記BromoMELTSM kitの他、Reader domainタンパク質のご購入については、
    "Purchase Support"ページをご覧ください。


    ◆ Monthly Kinase Panel Assay
      2021年2月~4月のパネルアッセイ実施スケジュールです。 NEW  
     

    実施月

    #

    試験開始日

    2021年2月

    1

    2/1 (月)

    2

    2/15 (月)

    2021年3月

    1

    3/1 (月)

    2

    3/15 (月)

    2021年4月

    1

    4/5 (月)

    2

    4/19 (月)

     
      Wild Type Kinase (370種類) のパネルアッセイです。 
    定期的に実施するため、低価格でご利用いただけます。
    試験は、Gold Standardな33Pを用いたRI試験です。
      Nat Biotechnol. 2011 Oct 30;29(11):1039-45.
    Comprehensive assay of kinase catalytic activity reveals features of kinase inhibitor selectivity.
    RBC社とFox Chase Cancer Centerとの共同研究による178 known inhibitors vs 300 kinase panel のプロファイリングに関する参考文献
      Wild Type Kinasesのほか、以下のパネルもございます。
    • Monthly Mutant Kinase Panel (288種類)  NEW  
    • Monthly Atypical Kinase Panel (24種類)  
    • Monthly Lipid Kinase Panel (17種類)
    ◆ Kinase HotSpotSM
      RI (33P)を用いた、Gold Standardのキナーゼプロファイリング・スクリーニングサービスです。
    詳細は、サービス概要およびターゲットリスト(706種類)をご覧ください。 NEW 

    また、下記のような MOA studies も、カスタムアッセイとして対応しています。 
    ◆ Epigenetic factors
      HAT, HDAC, HMT, DNMT, COMT, Demethylase, PARPのプロファイリングサービスです。
     
  • Biochemical assys
    RI基質や蛍光基質を用いたEnzymeベースのBiochemicalアッセイです。詳細は、
    サービス概要およびターゲットリストをご覧ください。 
    MEP50 Simulation of PRMT5 Methyltransferase Activity is Substrate-Dependent (pdf) 

    HotSpot (RI) アッセイで使用される酵素・基質(HMT/DNMT, nucleosomes等)のご購入については、
    "Purchase Support"ページをご覧ください。
  •  
  • Cell-based assays 
    ウェスタンブロットやELISA等によるセルベースアッセイです。
  • ◆ Bromodomain assays
     

    BromoMELTSM Panel Assay 
    TSA(Thermal sift assay)により、53 member of bromodomain family (76 bromodomains in total)に対する化合物の結合の評価が可能です。ブロモドメインタンパク質に対する化合物評価や選択性試験に有用です。
    詳細は、
    サンプルデータターゲットリストをご覧ください。
    BromoMELTSM Panel Assayを、in houseでご使用いただくBromoMELTSM kitとしてご購入いただくことも可能です。詳細は、"Purchase Support"ページをご覧ください。
     

      BromoMELTSM Panelアッセイの他、Bromodomainを含むReader Domain Proteinsからご興味のあるターゲットを選んで、TSAやIsothermal Titration Calorimetry Assay、AlphaScreen® Assay(ターゲットリスト)をすることも可能です。 
    Bromodomain Assay Platform for Drug Screening and Discovery (pdf)
    Towards comprehensive coverage of Bromodomain family for drug screening and discovery
      また、EEDの他、43種類のbromodomainに対して、HTRFアッセイで、基質との結合に対する化合物の阻害活性を評価することも可能です。
    Bromodomain profiling HTRF Assay (pdf)  NEW 
      上記BromoMELTSM kitの他、Reader domainタンパク質のご購入については、"Purchase Support"ページをご覧ください。
    ◆ IDH Assay 
      IDH (isocitrate dehydrogenase)は、イソクエン酸とα-ケトグルタル酸とを相互に変換する酸化還元酵素で、IDH1やIDH2の変異が、DNAやヒストンの脱メチル化阻害を引き起こすことにより、グリオーマやAML等の癌に関連することが報告されています。
    現在、下記6ターゲットに対して、Resorufinを用いた蛍光ベースのアッセイサービスが可能です。
    IDH1 (WT) IDH1 R100R IDH2 (WT)  IDH2 R140Q
    IDH1 G97D  IDH1 R132C  IDH2 Y139D  IDH2 R172Q 
    IDH1 R100A  IDH1 R132H  IDH2 R140K   
    IDHタンパク質のご購入については、"Purchase Support"ページをご覧ください。
    ◆ DUB SpectrumSM
      蛍光基質を用いたDUB (脱ユビキチン化酵素; deubiquitinase)のプロファイリングサービスです。
    詳細は、サービス概要をご覧ください。
    ◆ PDE SpectrumSM 
      PDEのプロファイリングサービスです。下記以外のPDEをご希望の場合は、お問い合わせください。
    • PDE1A • PDE3A • PDE4C • PDE8A
    • PDE1B • PDE3B • PDE4D • PDE9A
    • PDE1C • PDE4A • PDE5A • PDE10A
    • PDE2A • PDE4B • PDE7A
    ◆ Protease Profiling & Screening
      蛍光基質を用いたプロテアーゼのプロファイリングサービスです。
    ターゲット詳細は、こちら(67種類)をご覧ください。
      NEW 
      SARS-CoV-2-Related Protease Assays (PDF)  NEW 
    Host proteases furin and TMPRSS2 play a vital role in the pathogenesis and replication of SARS-CoV-2 by cleaving the spike protein to enable membrane fusion for virus entry. Cathepsin L further primes the spike protein in the acidic environment of endosomes. PLpro and Mpro are viral proteases required for virus replication. They proteolytically process the polyprotein, which is a prerequisite for virus assembly. PLpro is also known to interfere with the anti-viral immune response of the host cell.
      Proteases as Targets against SARS-CoV-2
    Target Synonyms 
    ACE2angiotensin I converting enzyme 2 
    Cathepsin B APP secretase, Cathepsin B1, CATB, CTSB, CPSB 
    Cathepsin L CTSL, CTSL1 
    Furin FUR, PACE, PCSK3 
    Mpro 3CLpro 
    PLpro NSP3, Papain-Like cysteine protease 
    TMPRSS2 Transmembrane protease serine 2, PRSS10 
    TMPRSS6 Transmembrane protease serine 6, matriptase 2 
      Study Example PLpro
    The papain-like protease (PLpro) is responsible for cleavage of the coronavirus polyprotein necessary for virus assembly. PLpro also suppresses the host innate immune through the reversal of ubiquitination and ISGylation events. We offer the investigation of the proteolytic activity of PLpro for deubiquitination and for proteolysis of a peptide.

    The PLpro assay allows for screening compounds using a fluorogenic substrate, either Z-RLRGG-AMC or Ubiquitin-AMC. PLpro cleaves the substrate for the release of AMC and the resulting fluorescence can be quantified with a luminometer for readout of PLpro enzymatic activity.
    ◆ Phosphatase SpectrumSM
      蛍光基質を用いたホスファターゼのプロファイリング・スクリーニングサービスです。
    ターゲット詳細は、こちら(13種類)をご覧ください。
    ◆ Other Services (CYP, hERG, HSP90a/b, Bcl-2, Bcl-XL etc.) 
      蛍光基質を用いたCompetitor Binding assayです。下記にないターゲットについては、お問い合わせください。
    CYP 1A2 CYP 3A4 Bcl-2
    CYP 2C9 hERG BCL-xL
    CYP 2C19 HSP90a cIAP-1
    CYP 2D6 HSP90b cIAP-2
        XIAP
    ◆ Target Engagement Intracellular Kinase Assay (NanoBRET™)
      BRET (生物発光共鳴エネルギー転移)を利用して、生細胞内での、ターゲットキナーゼに対する化合物の相互作用を評価します。
    ターゲット詳細は、こちら(163種類; 202010更新)をご覧ください。
    NEW 
    ◆ Cell Based Assays
      各種セルラインを用いたセルベースアッセイのサービスです。
    対応可能な試験のリスト(一例)は、こちらをご覧ください。
    リストにないアッセイおよびセルラインについては、お問い合わせください。
    In vivo Hollow Fiber Model
      White Paper: The Hollow Fiber Model: In Vivo Screening Assay to Speed Up Your Drug Discovery Process   NEW 

    マウス体内に埋め込むことのできる"Hollow Fiber"を用いることで、xenograft modelを用いるよりも迅速かつ低コストで、in vivo試験が可能です。主に、Compound ScreeningとTumor Model Screeningの2つの目的でご利用いただけます。
      
     
     
    ※掲載されている製品及び受託サービスは全て研究用です。目的を問わず人体への投与を含む、医薬品、診断用医薬品、食品、食品用検査、化粧品等の用途には使用できません。研究用以外の目的には使用しないでください。